FC2ブログ

激しく休止ちぅ。

アルバイト というのは

すごく難しい立場だと思う


プロ、とは言い切れないし
でも 客から見れば、皆「プロ」


「正社員」がプロというわけでもない

線引きができれば世の中もう少しマシに動く



今まで経験してきたアルバイトでは最長 3年の「アパレル」時代は
学生ではなかったから、一生懸命勉強しながらやってきた

でも難しいもので、
客も「アルバイト」というのは見てわかっても
「自分より詳しい」「わかってて当然」という目で
見るものだ


時々思う

好きでやっていたとしても
「命を賭けて」働いているわけではない「アルバイト」って
失礼じゃないのだろうか って


始めたバーテンダーのアルバイト
大学生と言う本分を抱えていて
口にはださなくとも「学費の足しに働きにきただけ」ということになる


今は料理を覚えているところで
酒は作らせてもらえない

それ以前に「作りたい」という欲がない

興味がないわけじゃないので、補足をすると

「作りたいことは作りたいが、早く役に立ちたい」という意味で…

単純に、誰も手が空いていないとき、
今自分がこなせれば お店が上手く回るのに
と 思うから「作りたい」

勿論、作ることになるのだとしたら
それなりの「意識」を持とうとするはずなんだけど…


どうなんだろうね

フシギな四面楚歌みたいな気分

結局、頭は肩書きから考えているんだよな

Barという空間がどんなものか、
お酒があまり得意ではなくても
ただ知ってみたいだけで飛び込んだ

使ってくれた(研修後、クビということもありえるかw)

世の中、バーテンダーとして生きていくことに
生活をかけている人たちから見れば
なんという心持でBarカウンターにいやがる と
お叱りを受けてしまいそうだが

この考え方で行けば
まぁ ほぼなんにでも」当てはまるもんで…




アイスコーヒーが美味しい季節になった

コーヒー一杯入れるのに
こうも水の流れ、水色が気になってくるなんて

「働く」ってすごい
スポンサーサイト



2009.07.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fc246latte.blog35.fc2.com/tb.php/82-92a87651